ページトップへ

引越し荷造り

1.ダンボールについて

ダンボールについて

ダンボール箱は使用後に解体することを考えて、底を交互に組み込ませて組み立てがちですが、やはり粘着テープでしっかり組んだほうが強度はアップします。
引越し業者によっては一緒に回収してくれる業者もあります。

2.梱包する物の順番について

梱包する物の順番について

書籍やCDといった重量のあるものからダンボールに梱包していきましょう。
その次に季節外れの衣服や来客用の食器などを片付けます。
ポイントは、両方とも日常の使用頻度が低いということ。
さらにこの順番で梱包すれば、重いダンボールの上に軽いダンボールを積み上げることが可能です。

3.ダンボールに中身の詳細を書く

ダンボールに中身の詳細を書

ダンボールへの梱包がすんだら、ふたを閉じる前に中になにが入っているのかをマジックペンで外側にわかりやすく書いておきましょう。
このとき、大雑把なくくりだけでなく、「子供の夏服」とか「文庫本」などのように細かな分類まで書いておくと、 梱包を解かないままでも新居でどの部屋に置くのかわかります。
これに加えて新居の間取り図の部屋毎に番号を打って、ダンボールにもその番号を書いておけばさらに整理しやすくなるでしょう。

4.小物の梱包方法について

小物の梱包方法について

小物類は、小さな箱やビニール袋に分けて収納したうえで、ダンボール箱に納めましょう。
引越し用の小物振り分けキッドなども市販で販売されています。

5.すぐ使用する物はまとめてわかりやすく

すぐ使用する物はまとめてわかりやすく

簡単な食器や洗面道具、タオル、工具といった、新居ですぐに使用するものは1つの箱にまとめておきましょう。
コンセントに指す延長コードなども、ここに一緒に入れておくと便利です。
もちろん箱には「すぐ使用するもの」と書いておくのを忘れずに。
こちらも、小物同様に引越しの際に便利な振り分けキッドなどが市販で販売されています。

以下では、収納物ごとに荷造りのポイントを解説していきましょう。

食器類

すぐ使用する物はまとめてわかりやすく

収納する前に、ダンボールの内側にタオルや新聞紙や敷き詰めます。
その後に個別にタオルや新聞紙が保護した食器類を詰めていきます。
このとき、なるべく隙間ができないようにするのが理想ですが、もしできてしまった場合はそこにも新聞紙を詰めます。
詰め終わったら、箱の外側に大きく「ワレモノ」と書いて、注意を喚起しておきましょう。

タンス・机類

タンス・机類

中身はすべて出してダンボールに詰めておきましょう。
ここでも箱の外側には「机の引き出しの中身」など書いておくと、整理が簡単です。 タンスや机本体のほうは、引越し事業者はたいてい保護を兼ねて梱包して運んでくれるので、中身を出しておくだけで大丈夫です。
自分で運ぶときは、途中で引き出しが飛び出さないようにひもで縛っておくとよいでしょう。
このとき粘着テープを使ってしまうと、はがすときに苦労します。

書籍・雑誌

書籍・雑誌

大きなダンボールに雑誌や書籍を詰めると、重くなりすぎて搬入搬出が大変です。
小さめの箱を利用して小分けして詰めましょう。
雑誌などは引越しを機に整理してしまうのも手です。

ふとん類

ふとん類

ふとんを運ぶのにはふとん袋があると便利です。
数枚のふとんを重ねたところでまとめて収納できます。ふとん袋はふとん屋さんで購入できます。
もしふとん袋がない場合は、シーツなどを代用してその上から縛っておきましょう。

電気製品

電気製品

洗濯機やテレビ、オーディオといった電気製品は、電源と配線を外しておくだけで、あとは引越し事業者に任せましょう。
ちなみにテレビなどの配線については、あらかじめデジカメや携帯のカメラなどで写真を撮っておくと、新居で配線をし直すときに便利です。
洗濯機は洗濯槽内の水をしっかり抜き、冷蔵庫は製氷機や蒸発皿の水を捨てておきます。電源も前日までには抜いておきましょう。
ポットなどの小さな電気製品は、そのままダンボールに入れて箱ごと運びます。

パソコン

パソコン

パソコンは非常にデリケートな精密機器です。引越し事業者に任せましょう。
自分で運ぶときはタオルやエアキャップで包んで慎重に運ぶのはもちろん、 いざというときのために、ハードディスク内のデータをバックアップしておくことをお勧めします。
引越し業者によっては、高価なものにあらかじめ保険をかけるパックもあります。