ページトップへ

引越しの挨拶

旧居の貸主・ご近所への挨拶

引越しの挨拶

それまで住んでいたご近所への挨拶は、マナーとしてはもちろんですが、 引越し後に知らずに訪ねてきた知人に対して引越したことを伝えてもらえるという利点もあります。
引越し当日は荷物の搬出などで忙しいのに加え、なにかと迷惑をかける可能性もあるので、前日までに訪ねておきましょう。
貸主には引越し当日に鍵を返却することになるので、そのときに挨拶します。

新居の貸主・ご近所への挨拶

一般的に、ご近所というのは「向こう三軒両隣」といわれています。
これに加えて庭で接している裏の家や、マンションなど集合住宅の場合は上下階の家にも挨拶をしておくとよいでしょう。
挨拶の品はあらかじめ用意しておきましょう。品物はタオルやお菓子、洗剤といったものが一般的です。
ある程度保存が効き、あって困らないものを選びましょう。
価格は一般的には500〜1000円程度。貸主にはその倍額程度といったところです。
挨拶の内容については、基本的な挨拶と簡単な自己紹介でかまいません。