ページトップへ

転出の手続き

転出の手続き

引越しにあたってはさまざまな手続きが必要です。
各手続きに応じて、用意するものや、届出の期間、届出をする人、届出をする場所なども異なるので、行き当たりばったりではなく、 あらかじめ下調べをして効率よくこなすようにしましょう。

また、これまで住んでいた市区町村と、これから引越しする市区町村の両方に対しての手続きが必要です。
ちなみに法律用語としては、これまでと異なる市区町村へ引越しすることを「転出」といいます。

転出届

これまで住んでいた市区町村から転出証明書を発行してもらうためには、転出届が必要です。

届出をする人
本人が原則ですが、委任状があれば代理人でも可能です。
用意するもの
身分証明書(免許証、健康保険証、パスポートなど。以下同)、印鑑、代理人を立てる場合は委任状
届出の期間
引越し前、引越し後14日以内
届出をする場所
それまで住んでいた市区町村の役所
発行してもらうもの
転出証明書

印鑑登録の廃止

現在住んでいる住所の市町村役所に印鑑登録をしている場合には、引越しにともなってこれを廃止してもらいます。

届出をする人
本人が原則ですが、委任状があれば代理人でも可能です。
用意するもの
身分証明書、印鑑登録証、代理人を立てる場合は委任状
届出の期間
引越し前、引越し後14日以内
届出をする場所
それまで住んでいた市区町村の役所

国民健康保険の資格喪失届

現在住んでいる市町村役所で国民健康保険に加入している場合は、国民健康保険の資格喪失の手続きをしなくてはなりません。

届出をする人
本人が原則ですが、委任状があれば代理人でも可能です。
用意するもの
身分証明書、保険証、印鑑、代理人を立てる場合は委任状
届出の期間
引越し前、引越し後14日以内
届出をする場所
それまで住んでいた市区町村の役所

児童手当の受給事由消滅届

児童手当とは、7歳未満の子どもを育てている場合に給付される手当のことです。
これを受給している場合は、引越しにともなって児童手当受給事由消滅届というものを提出しなくてはなりません。
またその際には、転出先で新たに受給資格を得るために必要となる、前年度の所得証明書あるいは住民税の課税証明書も発行してもらいます。

届出をする人
養育者
用意するもの
児童手当受給事由消滅届、印鑑
届出の期間
引越し前、引越し後14日以内
届出をする場所
それまで住んでいた市区町村の役所